関口神社前(岩手県山田町・岩手県北バス)

 停留所名の由来になった神社は、バス停の先にあります。バスは関口神社前のバス停についたあと、さらに先へと進み、神社で方向転換します。だったら神社の前にバス停を設ければいいじゃないか、という気もします。

続きを読む

田子の木(岩手県山田町・岩手県北バス)

 東北の方々にとっては当たり前かもしれませんが、田子の木は「たっこのき」と読みます。私は最初、たごのきと読むのかと思っていて、バスの案内放送で「次は終点、たっこのき…」という声を聞き驚きました。田子の木は山奥へと突入する一歩手前といったところ。道の先にはまだまだ人家があり、ここが最奥集落ではありません。

続きを読む

姉吉(岩手県宮古市・岩手県北バス)

 姉吉は重茂半島南部の漁村です。キャンプ場があったり、トドヶ崎へ至る遊歩道の入口があったりと観光色もありますが、自分以外に路線バスで旅行をしている人は見かけませんでした。県道は、海岸から離れた高台を通っているため、バス停付近には何もありません。手書き風の「姉吉」という文字が妖しげにみえます。

続きを読む

平浜(岩手県宮古市・岩手県北バス)

 重茂半島の北端部に平浜バス停はあります。平浜~重茂間を1日2往復、小学生の通学輸送を主体とした路線で、私が訪れたときは賑わっていましたが、その後廃止になってしまいました。

続きを読む

重茂営業所(岩手県宮古市・岩手県北バス)

 重茂半島のほぼ中央に位置する、岩手県北バスの営業所です。木造の車庫がいい味を出していて、車庫に収まっているバスたちが世間話をしているかのように見えます。

続きを読む

月山登山口(岩手県宮古市・岩手県北バス)

 重茂半島の月山頂上からは、三陸海岸の険しい自然を一望することができます。そんな月山登山口には、何故かバスの廃車体が置かれています。バス待合所と書かれていますが、ここでバスを待つ人はいるのでしょうか。付近は深い森に囲まれ、岩手県北バスの色がよく映えています。

続きを読む

長沢六組(岩手県宮古市・岩手県北バス)

 宮古駅前から「花輪行き」のバスに乗ると長沢六組にたどり着きます。長沢六組が終点なのですが、終点のバス停より、全体的な地名の方が大事だということなのでしょう。かつてはこの先の神倉までバス路線がのびていたそうです。

続きを読む

和野平(岩手県野田村・野田村営バス)

 野田村営バスの終点です。円柱型の待合室や廃ワゴン車(ゴミ置き場?)が置かれています。辺りは、針葉樹が茂っていて、北国の海辺を思わせますが海からは離れています。

続きを読む

大平橋(岩手県葛巻町・JRバス東北)

 JRバスというと立派なイメージかもしれませんが、葛巻町内を走るローカル線は公式ホームページにも時刻が載っていません。大平橋は、葛巻町の東端にあるバス停で、まわりは牧場だらけです。それから、道端の草むらに廃棄物が目立ち、うら寂れた雰囲気です。鈴峠を経て、岩泉へと至る山道の入口が近くにあります。

続きを読む

松林(岩手県岩泉町・岩泉町民バス)

 岩泉町民バス「大坂本・松ヶ沢線」にあるバス停です。付近の家の庭に、バスの廃車が置かれています。ひょっとすると、昔この路線で使われてた車両なのかもしれません。

続きを読む